こやけんブログ

「ほんまにボケなし回」こやけん#47

2020/05/27

お疲れ様です!!!

 

好きな茶碗で蒸した料理は茶碗蒸し、古谷健太です!!!!

 

 

最近ブログ更新出来てませんでしたごめんなさい。

 

早速ですが本題に。

 

先日5/24に「若者たち2020オンライン」という9時間生配信のイベントのMCをさせていただきました!!!

 

「若者たち」は本来、ライブサーキット形式では県内トップの集客を誇るすんげえ音楽イベント。今年も60組ぐらいの出演者が県内外から出る予定でした。

 

しかし残念ながらコロナの影響で開催は不可能に。

 

それから紆余曲折どころか紆余紆余紆余紆余曲折ぐらいの紆余の曲折を乗り越えて、当初とは形が変わってしまったけど実行委員長の長谷川さんを始め、たくさんの方の努力と協力があったおかげで何とか開催に至った本当に苦労の詰まったイベントなのです。

マジでたくさんの人の協力+実行したいという強い思いがあったんやと思います。

 

僕は今回MCという立場で参加させていただきましたが、本来は1人の出演者として関わらせていただく予定でした。

 

それが県外のアーティストが参加出来ないなど、それこそたくさんの紆余曲折を経て僕のような不躾な者にMCを任命していただいてほんまに嬉しかったです。皆様本当にありがとうございました。

 

開催までの事前準備がとにかくすごかった。どんだけの大人が動いたかというところにまずビックリするのですが、本番当日もそれは同じ。

 

まずライブ配信という形ではあるものの、実現していること自体がほんまにすごいということ。そのプレッシャーの強さは演者さんも裏方さんも計り知れないレベルやったと思います。

 

なんせ9時間の長丁場でしかも生配信。どこかで誰か1人がミスをしたら台無しになってしまいます。

 

表方、裏方関係なく全員が必死。配信の電波や機材トラブルひとつでパーになる可能性もある。演出や発言ひとつでもパーになる可能性もある。

 

ずっとコメントをしてライブや楽屋トークを盛り上げ続けてくれた視聴者の方たちや、集中力が切れそうになると一瞬のスキをついてエナジードリンクを買いに走るスタッフさん。

 

僕みたいなスケベメガネのMCにしっかり付き合ってくれた皆さん。

 

お客さんが目の前にいないという慣れない状態で全力でパフォーマンスを魅せてくれた演者の方々。

 

前日に寝落ちするまで出演者のことを調べ倒してくれてたもう1人のMC、NATSUKIさん。

 

全員に頭が上がらないです。ほんまにありがとうございました。

 

僕自身の心構えとしては「1番楽しんでやる」ということでした。

 

一見ナメてるように思われるかも知れませんが、僕にとってライブとは楽しむ為にあります。

 

僕が楽しんでなかったら見てる人もおもんないやろと思い、誰よりも楽しむことにしました。

 

初めてお会いする人がほとんどやったので、どんなトークをしようかなとか9時間も集中出来るかなとか、僕で大丈夫かなとかいっぱい考えました。

 

リリーユースというバンドとトークをした時に、金髪の海(かい)くんという子を「ドラゴンボール出てたよね?」と人造人間いじりをしたあと四星球の康雄さんから「あれおもろかったよ」と連絡をいただきほんまにホッとしたのが1番鮮明に覚えている記憶です。

 

あとは楽しかったのであんまり覚えてないです(笑)始まったら9時間が秒で終わった。

 

ライブハウスはこの世に必要です。特に僕みたいに弱い人間にはほんまにないとアカンのです。逃げ場でもあり攻め場でもある。

 

配信が終わったあとの全員の「お疲れっしたー!」がめちゃめちゃ印象に残ってる。それぐらい一体感のある素敵なモンを久しぶりに味わえた気がしました。

 

なんかめっちゃ感動したなー。

泣いて笑ってのヒマあったらしっかりMCせえよな僕!とか思うけど、ほんまに楽しかった。

 

ライブハウスが大変なんは徳島だけじゃないけど、はよこんなんが日常に帰って来てくれたら嬉しいなと思いました。

 

 

今回も真面目なブログですが、また覗いてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よっ!!!!ヒクイドリ〜〜〜〜!!!!!!!

過去の記事