こやけんブログ

「超絶脳内」こやけん#34

2020/01/05

お世話になっております!

 

 

ちょっぴり、古谷健太です。

 

 

「NSCにおりそうな女コンビ名みたいやな」

 

と思う薬局は

 

 

「ココカラファイン」です!

 

よろしくお願い致します!

 

 

 

令和2年になり、日が経つのも早いものですね。

 

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 

 

過ぎ行く日常に良いこと悪いこと多々あるかと思いますが、それが人生というものでございます。

 

日進月歩、一喜一憂、前途多難。

 

人生山あり谷あり。

 

十人十色の人の歩みがございます。

 

僕は「日日是好日」という言葉が好きです。

 

「毎日毎日が素晴らしい」という意味の言葉です。

 

 

その為には憧憬の眼差しで他を見ること。

 

「見る」よりも「観る」方が理想的ではありますね。

 

何が違うかと言うと

 

「見る」は目でとらえること。

「観る」は意識して目で追うことを言います。

 

 

「毎日に意味はあるんだ」

 

そう思えるかどうかは日々の「観る」ことが出来ているかどうかで大きく変わってくるような気がします。

 

人は皆平等。時の流れに逆らうことは出来ません。

 

「未来」に得るもの、「過去」に失ったものに囚われず如何に「今」に向き合うか。

 

それが大切なんじゃないかと思います。

 

僕は平和主義です。とにかく争いが好きではない。

 

天下太平の世を願い、日々細々と暮らしている所存に御座います。

 

寧静、つまり平穏無事が最たる望みです。

 

これを読んでくださっている皆様にもどうか安泰な日々が訪れますよう心から願っております。

 

 

 

 

さて。

 

何故こんなにも堅苦しい前書きをしたのか。

 

 

それは、最近の僕の脳内がリミッターを越えて爆ぜかけているからです。

 

度を越えた考え事をし過ぎて目の前の事は愚か、地球全体を俯瞰で見てしまうレベルです。

 

地球規模で全てに疑心暗鬼になり自己嫌悪に陥ることが定期的にある。

 

 

僕に必要としているモノは何なのか?

僕に求められているモノなどあるのか?

 

果たして、僕以外など本当に存在するのか?

 

僕の目に映っている光景は、実は他の人には違う光景に見えていて

僕が発している言葉は、他の人には全然違う聞こえ方をしているんじゃないのか?

 

ドラえもんの「ほんやくコンニャク」を食べている状態?と言えば解りやすいでしょうか?

 

僕以外の生命体は既にどこにも存在しなくて、僕は長い現実逃避の円環に閉じ込められて一生この中から脱出することが出来ない悲観論者なだけなのではないか?

 

無窮の被害妄想に襲われるだけの偶像の人生なのではないか?

 

 

 

 

そんなことを思ったりします。

 

 

 

 

 

 

 

嘘です!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よっ!うんこの入浴剤〜〜〜〜〜!!!!!

過去の記事